How to make your post to appear right here?

If you want to list your posts here, you should go to you theme's options (Appereance => Theme Options) and put the category's id. Please note that if the category doesn't consist any posts, you'll be still seeing sample posts.

Sample photo Sample photo thumb

How to assign a picture to a featured post?

Select a post & click edit through your admin panel. Scroll down to the section named "Custom fields" then create a field named "picture" and the value should contain a path where you stored a picture. You may also create a custom field named "url" just in case you want to link your post elsewhere.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb

About this theme

Did you know that featured posts may contain up to 3 lines of text. This theme is built using CSS framework "Blueprint". The featured posts is based on "SmoothGallery" which is based on "MooTools" - a javascript framework.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb
  • ついに実装!

    Posted on 5月 28th, 2017 admin No comments

    何が実装かと言うと、ポケモンGOで「かくれているポケモン」が表示されていましたよね。これ、海外ではどのへんにかくれているのか、ポケストップの写真と一緒に表示されていたんです。日本ではなぜかこの機能が無かったんですが、1週間ぶりにポケモンGOをスタートさせ、「かくれているポケモン」を確認しようとしたら、「お!!ついに実装だ!!」と^^心の中で言ってしまいました。

    かなりこれは便利ですよ。あと数個のあめで進化できるのに、そのポケモンは近くにいるはずなのに出現しない。。こんなことがしょっちゅうありましたからね。それが、ポケストップが一緒に表示されることでその場に行けばポケモンをゲットできるわけですからね。助かる~~♪ただ、ちょっと離れたポケストップだとわざわざ歩かないといけません。それがちょっと辛いかな~^^

    イースターにちなんで「ポケモンのタマゴを探せ!」イベントも開かれ、トレーナーレベルも1つアップできました。なので、この新機能の実装でさらに頑張ろっかな^^

    Galaxy S7 edgeはゲームに最適な端末 | Galaxy

  • 4Kとは何か?4Kの魅力はどこにあるか?

    Posted on 5月 8th, 2017 admin No comments

    「4Kとは」をネットに入力してみて、たくさんIT・テクノロジー技術情報を掲載するサイトが出てきました。ところが、専門用語や難しい言葉いっぱいで、ちょっとわかりにくいので、あまり役に立ちそうにありません。ここでは、玄人にも、素人にも関わらず、わかりやすい言葉で簡単に4Kを紹介します。4Kとは、一言で言えば、HD(ハイビジョン)、フルHD(フルハイビジョン)以上の高解像度です。具体的に言えば、4K(別名:4K,4K解像度,4K2K)とは、横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像に対する総称です。Kは1,000を表す「キロ」の意味で、横・縦の解像度を意味する4K2Kとも呼ばれるのです。また、3840×2160なども4K2Kと呼ばれる場合もあります。現在主流のフルハイビジョンテレビの画素数は、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080で、縦横合計で207万3600あるが、4K画質数は、横3840×縦2160で合計829万4400。つまり、フルハイビジョンの4倍の画素数となるのです。通常に4Kは4K UHDTVとDCI 4Kと二種類があります。4K UHDTVは横3840×縦2160で合計829万4400で、主にテレビ放送、テレビ受像機、ディスプレイでよく使われています。一方、DCI 4Kは横4096×縦2160で合計8,847,360で、主に映画、カメラでよく使われているのです。4Kで超高画質映像時代到来。4K解像度を提供している製品もどんどん登場してきた。いま最も注目されている4K製品は4Kテレビと4Kカメラに間違いありません。

  • 広角・高画質カメラが自慢!「HTC Desire EYE」

    Posted on 5月 1st, 2017 admin No comments

    HTC Desire EYE高性能な機種で防水となるとHTC Desire EYEもオススメの一台です。性能は2014年~2015年頃のハイエンドモデル相当ですが、今でも十分に通用するくらい動作がサクサクです。EYEの名の通りカメラ機能も充実し、特にインカメラは約1,300万画素と高画素。デュアルLEDフラッシュや写真の加工・補正機能も搭載しています。HTCの最新モデル「HTC Desire EYE」は5.2インチ液晶を搭載し、クアッドコアCPUや2GBのRAMを採用したハイスペックなSIMフリースマホです。特筆すべきスペックはインカメラに1,300万画素のセンサーを採用した点です。これは、自撮り機能を大幅に強化した「自撮りスマホ」と言えます。正面右側面には電源ボタンとボリュームボタンが配置されています。この辺りは、一般的なAndroidスマホと同様なので、扱いやすいです。正面左側面にはSIMトレイとmciroSDトレイが搭載されています。樹脂製のフタを引き抜くことでトレイが露出する仕組み。この辺りは防水性能を意識した設計を伺わせます。回の「HTC Desire EYE」ですが、「EYE」の名を冠する通りカメラ機能に特化したスマホということで、メーカーの意気込みが感じられるモデルという印象です。凝った写真ではなく、ちょっとしたスナップや旅の思い出、自撮りなどが簡単に高画質で撮影できるという点は評価できると言えます。

  • スマホの機能もアップしている中

    Posted on 3月 29th, 2017 admin No comments

    スマホ機能がアップしている中で、今は家庭でもスマホを使用している方も多いでしょう。
    家庭内であれば、無線LANを使っている方が今ではほとんどかもしれませんね。
    そんな無線LANなのですが、最近になってネットが繋がりにくいなんて事もあったりしないでしょうか。
    そういった場合無線LANを変えた方がいいかもしれません。
    家族が多い場合、どうしてもネットを色々な場所から繋げている事がありますよね。
    そうなってしまえば、ネットの繋がりの関係でどうしても遅くなってしまう事もあるのです。
    ネットの繋がりが遅くなってくれば、やっぱりイライラしてしまいますよね、、、、。
    それを解消するには無線LANを変える事が一番良い手だったりするのです。
    無線LANを最近のものに交換をすれば、最新のものだと最近のネット環境に対応をしています。
    そうなればネットの繋がりの問題だって解消する事ができるようになるかもしれません。
    最近ネットの繋がりが遅いなんて感じている方は丁度いいかもしれませんね。
    スマホやパソコンを快適に見るためには、これから無線LANをちょっと見てみるのもいいと思いますよ。
    動画だってサクサク見られるようになるかもしれません。auスマートフォン製品一覧 | Galaxy

  • バーチャルリアリティが楽しめるVRゴーグル「Yukiss」とは?

    Posted on 3月 17th, 2017 admin No comments

    迫力満点のバーチャルリアリティを楽しむにはVRゴーグルを使用すると良いです。
    安くて気軽に楽しむことができるからですが、そのVRゴーグルの中でも注目されているのが「Yukiss」というVRゴーグルです。
    このVRゴーグルは特殊なスーパークリアレンズを採用していますので、長時間使用しても目が疲れにくいですし「3D酔い」を大幅に軽減することができます。
    それに、散熱性に優れていますので蒸れや蒸気を防ぐことができます。
    ですので、快適にバーチャルリアリティを楽しむことができると思います。
    また、顔に密着する部分には低反発のPUクッションが採用されていますので痛くなることはありませんし、密着性に優れていますので光が漏れることもありません。
    ボディサイズは幅約198ミリ、高さ約110ミリ、奥行約135ミリ、重さ約310gになっていますので長時間使用しても疲れにくいと思います。
    スマホをセットするときはカバーを開けてクランプを引き上げ、そこにセットするだけで完了ですので誰でも簡単にセットできるでしょう。
    焦点距離と視界距離は上部にある2つの摘みで調節可能ですし、眼鏡をかけたままでも使用できるようになっています。
    こうしたVRゴーグルでワクワクドキドキするバーチャルリアリティを体験してみてはいかがでしょうか。

  • 手書きメモをスマホで確認できるデジタルメモ帳『Bamboo Spark』

    Posted on 3月 8th, 2017 admin No comments

    紙の手帳の用途で多いのはスケジュール管理とメモだいいます。スマホやタブレットでもGoogleカレンダーなどを使えば、スケジュール管理もできるし、手書きメモもできないわけではありません。機能的には紙の手帳をスマホで置き換えられなくもないようにも思えますが、やはり、紙に手書きする感覚と利便性は代えがたいものがあります。最近ではデジタルペンも進化していて、細い線でも手書きできるようにもなっているし、手書きでメモした内容をそのままスマホに転送してデジタル化できるペンもあります。また、手書きメモをデジカメで撮影転送してクラウドに送り、OCR化できるようなサービスもあります。それでも現時点では手書きのメモというのはなくなりそうもありません。多くのことがデジタル化される中、手書きメモというのはデジタルデバイスに対する「最後の砦」のように立ちはだかっているのです。Wacomは手書きのデジタル化に積極的に取り組んでいるメーカーですが、最近、紙に手書きした内容をデジタルデータ化し、転送できる『Bamboo Spark』というデバイスを発売しました。この製品の特徴は、付属のペンでメモ用紙にメモすれば、それをワンボタンでスマホに転送できるという手軽さです。これから大いに期待できるものといえるでしょう。
    ドコモのスマートフォンを買うならこちら

  • Android Wear 2.0搭載世界初!

    Posted on 3月 1st, 2017 admin No comments

    LGからAndroid wear 2.0を搭載したウェアラブル端末、「LG Watch Sport」と「LG Watch Style」がアメリカで発売されたそうです。ヨーロッパ、アジアでは今月末までには順次発売されていくとのこと。

    スマートウォッチなのですが、一番最初にスマートウォッチが発売されたころと全くその見た印象が違うんですよね。ホントにスマートな腕時計に仕上がっています。

    この端末の特長は何と言ってもAndroid Wear 2.0搭載であること。「Google アシスタント」で操作ができるし、コマーシャルでも見られる「OK Google」と話しかけると、メールなどで返信ができたりアラームを設定したりが可能となるそうです。

    LG Watch Sportの方は、「フル機能搭載の完全スタンドアロン型」なので、スマホが無くても通信できるとのこと。一方のLG Watch Style方は、「コンパクトでスリム」な、一般的なスマートウォッチになっているそうです。

  • スマホバッテリーの「EC Technology 」は超大容量

    Posted on 2月 18th, 2017 admin No comments

    スマホのバッテリーで最も重要視することはバッテリー容量ではないでしょうか。
    容量がないと持ち歩いていても不安になると思うからです。
    ですので、モバイルバッテリーは大容量が良いのですが、22,400mAhという超大容量バッテリーがあります。
    それは「EC Technology 」のバッテリーです。
    このスマホのバッテリーは超大容量に加え、3台同時にスマホやタブレットなどを充電することができますし、約4倍の速さで急速充電することもできるのです。
    また、便利なライトが付いていて、ソフトライト、ハードライト、SOSライトに切り替えることができますので防犯や災害などでも活躍してくれるでしょう。
    それに、インテリジェント電源管理ICが内蔵されていますので、過放電や過充電、加熱などの時でも自動停止するから安心して使用することができるでしょう。
    さらに表面素材には難燃性材料を使用していますので安心です。
    本体の重さは約462gありますので少し重く感じるかもしれませんが、バッグに入れていれば気になることはないと思います。
    使用回数は約500回となっていますので長く使えますね。
    このようなスマホのバッテリーには、ブラック・レッド、ブラック・ブルー、ブラック・ホワイトのカラーバリエーションがあります。スマホバッテリーの基本について知るならこちらをクリック

  • ジュニアスマホ第2弾「miraie f」、Playストアも対応

    Posted on 1月 31st, 2017 admin No comments

    京セラ製「miraie f」(ミライエ フォルテ)は、学齢期の子どもの利用を想定したジュニア向けのAndroidスマートフォンです。auの2017年春モデルとして、1月下旬以降に発売され、アプリやWebサイトなどの利用を制限する保護者向けの管理機能を備えています。価格と料金プランを見てみましょう。価格は3万2400円(税込、以下同)ですが、キャンペーンによって2万1600円で提供されます。キャンペーンの終了時期は未定で、毎月割は月額420円×36回(総額1万5120円)これらの割引を差し引いた実質負担額は6480円となります。料金プランはmiraieシリーズ専用の「ジュニアスマートフォンプラン」を利用でき、同プランは月額基本料3620円(税抜、2年契約の場合)。家族間通話やau宛の毎日1~21時の通話が無料となります。2GBのデータ通信容量が付属していて、そのほかのスマートフォン向け料金プランも利用可能です。なお、「ジュニアスマートフォンプラン」は、これまで月間0.5GBのデータ通信容量が付属していたのですが、「miraie f」の発売にあわせてデータ通信容量が月間2GBに改定されます。2015年1月発売の「miraie KYL23」の後継機種で、フィルタリング機能が強化されたほか、より簡単に設定できるように保護者向けメニューのユーザーインターフェースが改善されています。また、保護者のスマートフォンから、遠隔で設定できるようになったところが大きな特徴です。衝撃性能を高めている。濡れた手でも操作できるタッチパネルを搭載する。

  • Yahoo! JAPANが公開したサイト『狂怖の館』が怖過ぎる件

    Posted on 1月 27th, 2017 admin No comments

    先日Yahoo! JAPANが公開した『狂怖の館』というサイトをご存知でしょうか。今ネット上で「怖すぎてヤバい」と話題になっているそうですよ。この狂怖の館はスマホゲーム向け脱出ゲームとなっており、内容は館に閉じ込められている自分(プレーヤー)が不気味な住人から逃れながら館からの脱出を目指すというもの。最初サイトの警告文が出てくるのですが、そこには「グロテスクな表現や昆虫などの描写があります」と書かれており恐怖心をかなり煽られます。画面をスクロールさせながら館内を歩き回るほか、引き出しから出てきた虫をはらうためにスマートフォンを振ったり、不気味な住人に見つからないようにスマートフォンを傾けて木箱の裏に隠れたりするそう。スマートフォンを傾け過ぎると、住人と目が合ってしまいゲームオーバーになったりするんですよ。そんな狂怖の館ですが、実は1/26に発売される『バイオハザード7 レジデント イービル』とのコラボサイトなんですって。実際にバイオハザード7内に登場する館が狂怖の館の舞台なんですねー。サイトを制作したのは、様々なホラーコンテンツを手掛けてきた「株式会社闇」。ホラー好きには堪らないコンテンツばかりなので、まだ恐怖体験が足りないという方はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。