• “NVIDIAとスクウェア・エニックス、PC「FFXV」で協力! “

    Posted on 11月 18th, 2017 admin No comments

    スクウェア・エニックスはPC用RPG「ファイナルファンタジーXV Windowsエディション」において、NVIDIAのグラフィックスおよび物理シミュレーション技術のほか、NVIDIAのキャプチャツール、共有ツールのサポートを追加すると発表しました。「FFXV Windowsエディション」では次世代のルミナスエンジンとNVIDIA Gameworksをはじめとした様々な技術を組み合わせて利用することで4K、8K解像度とHDR10解像度に対応。コンソール版で追加された更新プログラムやDLCをすべて含んだ決定版として登場します。本作はGeForce Experienceのキャプチャツールと共有ツールの両方に対応していて、NVIDIA Anselを使用してスクリーンショットを撮影することでHDR画像を高忠実度のフォーマットでキャプチャできるということです。360度画像をスマートフォンやPC、VRヘッドセットで共有することも可能。またNVIDIA ShadowPlay Highlightsを使用すれば、プレイ中の画面が自動的にビデオとスクリーンショットで記録され、SNSを通じて共有できます。
    ウェアラブル

  • 9月の「三太郎の日」は三太郎コンテンツがもらえる、スマパスプレミアムならドリンクも

    Posted on 11月 11th, 2017 admin No comments

    9月の「三太郎の日」は三太郎コンテンツがもらえる、スマパスプレミアムならドリンクも
    au(KDDI、沖縄セルラー)は、毎月3日、13日、23日にユーザー向け特典を配布する「三太郎の日」の9月の実施内容を発表しました。au STAR会員には、CMキャラクター三太郎が登場する2本の限定コンテンツ「鬼ちゃんVR体験」「織ちゃんのお告げ」を用意しています。「三太郎の日」カレンダーも配信する。なお、au STARは無料の会員制プログラムで、auユーザーなら誰でも加入できるのです。「auスマートパス」と「auスマートパスプレミアム」のユーザーには、ファミリーマートの商品を特典として用意します。どちらかに加入していれば、ファミリーマートのアイスが5万名に当たる抽選に参加できるということです。「auスマートパスプレミアム」向けには、ファミリーマートのドリンクもプレゼントされます。対象商品は「ファミリーマートコレクションフルーツミックス500ml」か「ファミマの天然水555ml(新潟県 津南/宮崎県 霧島)」のうち、いずれか1点です。
    galaxymobile.jp

  • 「ウルトラマン」シリーズ初の全天球360度VR 「ウルトラマンゼロVR」10月リリース

    Posted on 11月 4th, 2017 admin No comments

    「ウルトラマン」シリーズ初となる全天球360度VR特撮作品「ウルトラマンゼロVR」「ウルトラファイトVR」が10月1日、店舗常設型VRサービス「VR THEATER」などでリリースされます。監督は「ウルトラマンX」「ウルトラマンオーブ」のメイン監督を務めた田口清隆さんです。「ウルトラマンゼロVR」は約6分間の作品で視聴料金は600円。「ウルトラファイトVR」は同時リリースとのみ発表されています。またリリースに先駆けて「ウルトラマンゼロVR」の本編映像を使った360度ティーザームービーを視聴できる「先行体験会」が、8月26日・27日に幕張メッセ国際展示場(千葉県)で開催されるイベント「C3AFA TOKYO」で実施されます。田口監督は「皆さんを問答無用にあの『憧れの空間』へ叩き込む映像が完成しました! 前代未聞の360度オープンミニチュア特撮による大興奮の映像体験を、是非ご堪能ください!」とコメントしています。
    Gear S3 frontier | ウェアラブル

  • PCを背負う!?HPがVR体験に最適なバックパック型ゲーミングPCを発表

    Posted on 10月 28th, 2017 admin No comments

    日本HPは、ゲーミングPC「OMEN by HP」シリーズを刷新しました。VR体験に最適なバックパック型PCとして利用可能なコンパクトデスクトップPC『OMEN X by HP Compact Desktop P1000』を発表し、価格はHP Directplusで34万8000円~となります。9月14日発売予定です。『OMEN X by HP Compact Desktop P1000』は、強力なパフォーマンスに加え、様々な形態で利用可能な汎用性やモビリティーなど、多くのプレーヤーがゲーミングPCに望む要素を、サイズ約幅240×奥行き53× 高さ340mmのスペースに凝縮したコンパクトデスクトップPCです。このモデルは、昨年の5月に米国でコンセプト製品として開発された『OMEN X VR BackPack』を基に、多くのゲームプレーヤーやVRコンテンツ開発者の意見を採用し製品化しています。バックパックアクセサリやハードウェアの性能を最大限に活用するドッキングステーションなどを標準で同梱することで、快適なVR体験を提供していくとのことです。
    Galaxy Mobile Japan

  • HDMI信号を無線で150m延長できるワイヤレスHDMIエクステンダーが登場

    Posted on 9月 18th, 2017 admin No comments

    テックから「TEHDWLEX150-VR」が発売されました。店頭価格は税込34,344円で、販売ショップはパソコンショップ アークです。TEHDWLEX150-VRは、無線ネットワークで接続された送信機と受信機を使い、それぞれに接続したHDMI機器の信号をワイヤレスで送信できるHDMIエクステンダーです。送信機と無線接続したスマートフォンやタブレットに映像を送信できるのもウリで、テックによると「この機能は類似製品では初」だということです。また、スマホ用VRゴーグルへの対応もうたわれており、専用アプリのVRモードを使用することで、映像をVRゴーグルで見ることができるということです。そのほか、IR送受信機により離れた場所の機器をリモコン操作したり、USB端子を利用してPCを遠隔操作することも可能。対応解像度は入力が1080i/1080p/720p/576p/480p、出力が1080p/30fpsまたは720p/60fps。遅延は16msとなっています。搭載インターフェースは、送信機がHDMI 入出力各1、IR接続端子、USB接続端子です。

  • VRゴーグルの「Brisie」は安くて多機能

    Posted on 8月 21st, 2017 admin No comments

    バーチャルリアリティを体験したことがない人は、日常生活では体験できない迫力ある映像を体験することができますので、ぜひVRゴーグルを使用して体験してもらいたいものです。
    その時に使用するVRゴーグルは数多くありますが、その中でも人気を集めている「Brisie」のVRゴーグルがおすすめできます。
    このVRゴーグルは重さが約340gしかありませんし、本体サイズが幅約190ミリ、高さ約90ミリ、奥行約130ミリというコンパクトサイズになっていますので、疲れを感じにくくて快適にバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。
    また、顔と接地する部分にはクッション性の高いソフトパッドを使用していますし、頭部を固定するベルトは調節可能なゴム製になっていますので、誰でも自分に合わせて気持ち良く使用することができます。
    レンズは高品質のPMMAブルーレンズを採用していますので目が疲れにくくて良いですね。
    それに、イヤホンが付いており、わざわざスマートフォンを外して音量調節しなくても良いから便利だと思います。
    焦点距離や瞳孔距離も調節することができるためメガネをかけたままでも楽しむことができます。
    このようなVRゴーグルを使用してバーチャルリアリティを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 私も行きたい!

    Posted on 8月 14th, 2017 admin No comments

    auのショップで鬼ちゃんのVRコンテンツを体験できるそうです。

    サムスンのGear VR・・VRヘッドマウントディスプレイを装着し、体験するとのこと。鬼ちゃんの好きな人、そしてギャラクシーを購入しようか迷っている人にお薦めですよね。

    鬼ちゃんは今飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田将暉。彼のファンって多いですよね~。どんなキャラにもハマるし、男性だけど女性的な部分もあり、魅力的。なので、彼をVRで体験できるなんてワクワクしますよね^^きっと横に実際に居たら緊張してしまいますが、VRだとよ~~く見ていられる気がします。

    また期間限定かと思いますが、ギャラクシーの最新機種を購入すると、Gear VRをプレゼントされますよね。実際にVRを体験することで、しかも親近感のある鬼ちゃんの姿を楽しめるわけで、きっと女性の顧客を得られそうな気がしますね^^

    このVRコンテンツは「神出鬼没鬼ちゃん」と言うそうで、「鬼の道場のような場所で鬼の心得を教えてもらったり太鼓を叩く鬼ちゃんやおしるこを売る鬼ちゃん」の姿が見れるそうですよ。

    Gear VRでウェアラブルの世界に入ってみましょう。

  • スマホの新機種が続々登場

    Posted on 7月 31st, 2017 admin No comments

    auスマホではまたまたスマホの新機種が登場してきています。
    新機種は夏モデルのになりますからこれから注目しておきたいですね。
    auの発表会ではさまざまなスマホを発表したようです。
    「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」が登場するようですね。
    「Galaxy」ファンもたくさんいると思うので、今回の新モデルは注目してしまいそうです。
    今回の「Galaxy S8」はデザインは3種類ありグレー、ブルー、ブラックとなっています。
    ちょっとデザインは大人な感じになっていますね。
    また、「HTC U11」や「AQUOS R」が登場してきているようです。
    今回夏にまた新しいスマホに変えてみようと考えている方はこういったモデルにも注目してもらいたいですね。
    スマホも日頃持っているものとまた違うものを選んでみるのも結構いいかもしれません。
    ちょっと大人っぽいデザインのスマホが欲しいというような方は「Galaxy」がおすすめかもしれません。
    ついついiPhoneに注目しがちなのですが、Androidスマホも良さそうなものがたくさん出ているので、ちょっとチェックをしておきたいものだなと感じています。

  • 容量はどれにすべき?

    Posted on 7月 22nd, 2017 admin No comments

    具体的な数字を用いて、3つのカード容量(16GB・32GB・64GB)について解説してみます。1GB(ギガバイト)が1,024MB(メガバイト)であることを理解できれば、使用イメージがつかめます。写真は1枚3MB、音楽は1曲5MBなど目安を与えて、カード容量に対する割り算を行えばよいのです。ご自身の撮影写真や曲データを確認し、1枚・1曲あたりの容量を目安とすればよいでしょう。マイクロSDカード容量に関するくわしい考察はスマホにはこれが最適!microSDカードおすすめ容量は64GB?32GB?をご覧ください。徹底的にアドバイスしています。16GB(ギガバイト)は、メガバイトに換算すると、16,384MBです。高解像度(2070万画素・5MB前後)で記録した場合でも、16GBなら約3000枚保存できます。毎日10枚の写真を撮り続けたとしても、約1年間は大丈夫。こまめに削除や外部保存(CD-Rやパソコン)を繰り返せば、16GBで対応できてしまいます。約1,000円で買えるのが16GBの魅力。お試し程度にここからスタートするのもオススメです。16GBに満足できず買い増ししたとしても、初期投資としての1000円は決して高くはないはずです。

  • 短い期間で、大したことないポケモンたちでしたが^^

    Posted on 6月 16th, 2017 admin No comments

    5月6日から8日までの3日間、ポケモンGOではくさタイプのポケモンが出現しやすくなるイベントが開かれました。ひっじょ~~に地味でしたね^^

    ポケモンの公式サイトでは、「新緑の季節を楽しもう」というタイトルで、「「くさタイプ」のポケモンをたくさん捕まえてウィロー博士の調査に協力してください」と書かれていました。そして、他にも何かあるかな?と最後までちゃんと読んだのですが、無かったですね。これだけか~~、と落胆の声が聞こえてきそうなくらい、短い期間でしかも大したことのないポケモンたちの出現でした^^

    で、私としては別の意味において実は大きな発見をしていました。それは・・ウィロー博士に私たちトレーナーは協力をしていたんですね!捕獲したポケモンがたくさん溜まってくると、これ以上持つことができなくなります。そのため、同じポケモンがいっぱいになったら博士に送ります。そしてそのお返しにポケモンのアメを博士からもらうのですが、こういうことだったんだ!と今さらながら納得しました♪