• 容量はどれにすべき?

    Posted on 7月 22nd, 2017 admin No comments

    具体的な数字を用いて、3つのカード容量(16GB・32GB・64GB)について解説してみます。1GB(ギガバイト)が1,024MB(メガバイト)であることを理解できれば、使用イメージがつかめます。写真は1枚3MB、音楽は1曲5MBなど目安を与えて、カード容量に対する割り算を行えばよいのです。ご自身の撮影写真や曲データを確認し、1枚・1曲あたりの容量を目安とすればよいでしょう。マイクロSDカード容量に関するくわしい考察はスマホにはこれが最適!microSDカードおすすめ容量は64GB?32GB?をご覧ください。徹底的にアドバイスしています。16GB(ギガバイト)は、メガバイトに換算すると、16,384MBです。高解像度(2070万画素・5MB前後)で記録した場合でも、16GBなら約3000枚保存できます。毎日10枚の写真を撮り続けたとしても、約1年間は大丈夫。こまめに削除や外部保存(CD-Rやパソコン)を繰り返せば、16GBで対応できてしまいます。約1,000円で買えるのが16GBの魅力。お試し程度にここからスタートするのもオススメです。16GBに満足できず買い増ししたとしても、初期投資としての1000円は決して高くはないはずです。

    Leave a reply