• スマホやバッテリーに負担をかけるNG行為

    Posted on 2月 28th, 2016 admin No comments

    スマホバッテリーは日々使用することで確実に劣化し、使い方を間違えるとバッテリーの消費が早くなっていきます。発熱は厳禁。充電しながらスマホを使わないようにします。スマートフォンの充電池に使われているリチウムイオンバッテリーには様々なメリットがたくさんあります。例えば、小さい割にエネルギー効率がいいので、バッテリーを使い切らずに充電をする「つぎ足し充電」への耐性があるなど、技術の進歩によってバッテリーの性能は大きく上がってきました。それでもバッテリーに負担をかける行為によって、寿命が本来より短くなってしまうことがあるのです。そのひとつがバッテリーの「発熱」です。通信を頻繁に行ったり、CPUやグラフィックチップに負荷をかけるゲームや動画アプリを起動することで、スマートフォンに流れる電流量が増えてバッテリーそのものが発熱してしまいます。そんな状態で充電を行うと、スマホ本体・バッテリーともに余計に発熱させる結果となって、電池の劣化を早める原因となってしまうのです。バッテリーは基本的には2年はもたないでしょう。ですから2年おきのバッテリー交換は必須といえますし、現在では2年ごとの機種変というのが機種代の月払いとともに基本となっています。

  • 楽天、「楽天モバイル」のサービスを拡充 5分間かけ放題、メール、海外用SIMを提供開始

    Posted on 2月 26th, 2016 admin No comments

    「楽天モバイル」が、5分間通話定額と独自ドメインメールに対応します。3月からは、海外渡航者向けのプリペイドSIMカードの販売も開始する予定となっています。楽天は1月28日、同社のMVNOサービス「楽天モバイル」のサービスを拡充することを発表しました。新サービスとして「5分かけ放題オプション」と「楽天メール」を同日から提供するほか、3月10日からは「楽天モバイル海外SIM」の販売を開始するものです。5分かけ放題オプションは、楽天コミュニケーションズが提供する「楽天でんわ」のオプションサービスです。5分以内の国内通話を、回数制限なく定額料だけで利用できるようになります。月額料金は850円(税別、以下同)。5分を超過した場合は、超過分に楽天でんわの通話料金(10円/30秒)がかかるります。 楽天でんわ自体は全ての国内携帯電話・PHS事業者に対応しているのですが、本オプションは楽天モバイル契約者に限定して提供するということです。楽天メールは、楽天モバイルユーザーが利用できる無料のメールサービスです。「rakuten.jp」ドメインのメールアドレスを1回線あたり1つ利用できます。ストレージ容量は15GBとなるということです。
     ギャラクシー Tab : au タブレット アンドロイド

  • 被写体を追っかけて自動回転するスマホカメラ用スタンド

    Posted on 2月 25th, 2016 admin No comments

    ドスパラは2015年12月11日、顔認識や追っかけ撮影などの機能を備えたスマートフォン向け撮影スタンド「パパラッチくん Jr. DN-13394」を同社が運営する「上海問屋」にて販売開始しました。価格は税込7,999円です。スマートフォンに専用アプリをインストールすると、被写体の動きに合わせてスタンドが360度自動的に回転して、被写体を追尾するものです。顔が認識された状態で2~5秒静止すると、カウント後にシャッターを切ります。カウントする時間はアプリから設定できるとのことです。自動撮影では、1人を認識する「シングルモード」のほか、2人を同時認識する「カップルモード」、さらには3人以上を認識する「自動モード」を選択可能です。さらに、顔を認識して追尾するだけの「トラッキングモード」も搭載するのです。また、付属のリモコンでスタンドの回転をコントロールできる「マニュアルモード」も搭載しています。本体底部にはネジ穴が装備されているため、三脚などに取り付けられるのがポイントですね。本体サイズは直径7.7cmで、重量は122g(バッテリーは除く)。スマートフォンとはBluetooth 4.0で接続します。対応するスマートフォンは、iOS7.0以上、Android 4.3以上を搭載した端末となります。

  • “au スマホ 私達はなぜスマホを持つ “

    Posted on 2月 20th, 2016 admin No comments

    auスマホでみなさん一体日々何をしているのでしょうか。ニュースをチェックしたり、LINE、ゲーム、電話、写真撮影、動画…。凄いと言えば凄いです。

    しかし、ちょっと以前の人たちは、スマートフォンなんて持っていなかった訳ですからね。スマートフォンをしているそこに充実した時間と言うものが存在しているかもしれませんが、昔の人たちが過ごしていた時間というものを私達は確実に何処かへ捨て去ってしまったのではないでしょうか。

    ニュースチェック、そんなものは家へ帰っておやりなさい。LINE?そんなもの、つまらないブームですったら、静まるのを待ってなさい。相手がしなければLINEなど無用です。ゲーム?なんで今までゲームをしてなかった人たちも、スマホでゲームに向きあうようになったか。スマホでゲームをしている人たちって、スマホでゲームしかすることがないからゲームをしているのです。

    写真?写真を撮れば撮る程、写真一枚の価値を消失して行くだけ。動画?動画なんて家でゆっくり見るものです。

    photoau_zps1qxv7bse.jpg
    最新スマホのCPUは?

  • デザインと機能性を両立する!

    Posted on 2月 15th, 2016 admin No comments

    Galaxy S6 edgeで特筆すべきなのが、世界初となるデュアルエッジスクリーンです。機種名の由来にもなったデュアルエッジですが、ディスプレイの左右両端をラウンドさせていて、額縁を極限まで狭くしたデザインのことです。これによって、スマホが手のひらにコンパクトに収まるだけではありません。まるで額縁がないかのようなディスプレイで迫力ある写真や動画を楽しめるのです。

    さらにこのデュアルエッジスクリーンは、デザインが革新的なだけでありません。機能面でも新たな試みがあります。そのひとつがスマホ本体のエッジ部分を利用した「ピープルエッジ」なのです。よく連絡する人を色ごとに最大5件まで登録できて、不在着信や未読メールがあるとラベルで表示します。しかも待ち受け画面からラベルをスワイプし、アイコンをタップするだけで電話やSMS、メールができるのでとても便利なのです。

    そのほか、スマホを伏せた状態でも光の色で誰からの連絡か分かる「エッジライティング」や、画面オフ時に天気予報や電池残量などの情報を閲覧できる「情報ストリーム」など、エッジスクリーンを活用した機能も満載で、デザイン性と機能性を兼ね備えたGalaxy S6 edgeならではの特徴となっているのです。

    photo_zpspoponyi6.png

  • ソニーモバイル、「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を米国で発売へ

    Posted on 2月 11th, 2016 admin No comments

    ソニーモバイルが米国で「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を2月7日に発売します。Amazon.comなどのオンラインショップにて、SIMロックが解除された状態で提供するとのことです。「Xperia Z5 Premium」は少なくとも同時には発売されない見通しです。
    ソニーモバイルコミュニケーションズは1月14日(現地時間)、フラッグシップ端末「Xperia Z5」およびその小型モデル「Xperia Z5 Compact」を2月7日から米国で販売すると発表しました。米Amazon.comや米Best BuyなどでSIMロックが解除された状態で販売します。「Xperia Z5 Premium」は少なくとも2月7日には発売しないということです。
    Z5シリーズは、2015年9月に発表された同社の最新モデルです。日本ではドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)が販売しています。Xperia Zシリーズの「オムニバランスデザイン」を継承していて、アルミフレームとガラスパネルに一体感を持たせたデザインが特徴となっています。
    標準モデルのXperia Z5は、約5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶でメインメモリは3Gバイト、ストレージは最大で32Gバイトを搭載し、米国市場ではハイエンドに位置付けられるでしょう。
    販売するモデルのストレージ容量や価格、カラーラインアップについてはまだ発表されていません。12日に発表されたピンクモデルが米国でも発売されるかどうかも現時点では不明となっています。

  • iPhone 6s/6s Plus向け耐衝撃クリアケースを発売

    Posted on 2月 7th, 2016 admin No comments

    フォーカルポイントは、OtterBox独自の厳しい品質基準テストをクリアしたiPhone 6s/6s Plus向け耐衝撃クリアケース「OtterBox Symmetry Clear シリーズ for iPhone」を順次発売します。本製品は高温・高湿度や化学物質との相性など、OtterBoxが独自に定めた24項目以上の238時間以上におよぶ耐久テスト「OtterBox Certified」をクリアした耐衝撃ケースです。シリコン製バンパーとハードケースを組み合わせた特殊構造で落下などのトラブルから端末を守り、iPhoneのデザインをそのまま楽しめる透明な背面を採用しているのです。元々iPhoneなどのスマホを隠すケースが多いなかクリアケースはなかなかいいものが存在しませんでしたが、フォーカルポイントから品質のいいクリアケースが出ましたので、ケース関係の勢力図が一気に変わりそうな勢いが見られそうです。価格はオープンで、オンライン直販価格はiPhone 6s/iPhone 6対応モデルが4480円(税別)、iPhone 6s Plus/6 Plus 対応モデルが5480円(税別)。カラーはそれぞれブラック/クリア、グレイ/クリア、ローストタン/クリアの3色を用意しています。
     フォーカル、OtterBoxの品質基準に準拠した

  • パソコンに入っている曲をスマートフォンに入れる方法【Android編】

    Posted on 2月 6th, 2016 admin No comments

    パソコンに取り込んだ曲をAndroidスマートフォンに入れるにはWindows Media Playerを使うと簡単に入れることができます。Windows Media Playerを立ち上げスマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続するとWindows Media Playerの左下に接続したスマートフォンの型名が表示されるのです。もし接続しても表示されない場合はWindows Media Playerを一度閉じて開き直したり、スマートフォンを取り外し・挿し直しをすることで表示することがあります。右上の同期をクリックすると、その下にスマートフォンの絵が表示されるので、本体に音楽を入れたい場合は【内蔵ストレージ】、SDカードに入れたい場合は【SDカード】を選択します。この切替はスマートフォンの絵のすぐ下に『次のデバイス』というのがあるのでそれをクリックすることで内蔵ストレージ⇔SDカードの切り替えをすることができます。入れたい曲やアルバムを表示してその曲を右側の同期リスト(赤い枠のところ)までドラッグ&ドロップします。右上にある『同期の開始』をクリックすると、スマートフォンに曲が入るのです。
    スマホ・オブ・ザ・イヤー2015