How to make your post to appear right here?

If you want to list your posts here, you should go to you theme's options (Appereance => Theme Options) and put the category's id. Please note that if the category doesn't consist any posts, you'll be still seeing sample posts.

Sample photo Sample photo thumb

How to assign a picture to a featured post?

Select a post & click edit through your admin panel. Scroll down to the section named "Custom fields" then create a field named "picture" and the value should contain a path where you stored a picture. You may also create a custom field named "url" just in case you want to link your post elsewhere.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb

About this theme

Did you know that featured posts may contain up to 3 lines of text. This theme is built using CSS framework "Blueprint". The featured posts is based on "SmoothGallery" which is based on "MooTools" - a javascript framework.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb
  • 子どものネットリテラシーをテストできるKDDIの「ネットスキル診断」

    Posted on 5月 27th, 2016 admin No comments

    KDDIは、子どものインターネットリテラシーを判定して、年代や利用機種に応じた対策方法を紹介するWebコンテンツ「ネットスキル診断」を公開しました。KDDIは去る3月10日、Webコンテンツ「ネットスキル診断」を公開しました。子どものインターネットリテラシーを判定して、年代や利用機種に応じたインターネットを利用するうえでの対策方法を紹介するものです。青少年がこれからのインターネットを安心・安全に活用するために総務省が定めたリテラシー指標「ILAS(Internet Literacy Assessment indicator for Students)」を基に、「安心ネットづくり促進協議会」で公開しているテスト問題「安心協ILAS」をクイズ形式で出題しているのです。安心・安全に利用するための知識を深めることができるほか、利用者のテスト結果に応じたアドバイスも表示できます。推奨年齢は小学4年生~高校3年生となっていて、テスト結果に応じ、KDDIが提供する「安心アクセス(青少年向けフィルタリングサービス)」「安心ナビ(お子さまの位置検索)」「ウイルスバスター for au(不正アプリブロック、WEB脅威対策))」なども紹介します。利用料金は無料で、auユーザー以外も利用可能となっています。
     

  • “電源のON/OFFを繰り返してみる “

    Posted on 5月 25th, 2016 admin No comments

    水没すると、スマホの電源がきちんと入るかどうか試してみたくなるものですが、ご注意を。スマホなどの電子機器が水で壊れる原因のひとつがショートです。電源のON/OFFを繰り返すことで、ショートさせてしまう可能性が高くなるので、当然しない方がよいでしょう。また、試しに充電してみるなんてもっての外です。感電してしまう可能性もあり、非常に危険なのでしない方がよいです。NTTドコモの見解。正しい対応ではありません。こちらも水濡れしてしまった場合、すぐに電源をOFFして電池パックを取り外すことを推奨しております。ジップロックに入れ、そこにシリカゲルを投入。水没してしまった時の対処法をPCやスマホで検索すると、よく出てくる方法がこちらです。「本当?」と思っている方も多いと思いますが、これは復活しました。方法としては、まずカバーを外してスマホの水気をしっかり拭き取ります。電源を入れずにジップロックに入れ、その中にシリカゲルを投入するという流れになりますが、シリカゲルはかなり多めに入れるのがよさそうです。そのまま、数日間放置するとシリカゲルが水分を吸って、スマホが乾燥します。なお、シリカゲルは100円均一ショップや家電量販店、カメラ屋などで手に入ります。

  • “スマホ音楽 違法ダウンロードは良くないことです。が。 “

    Posted on 5月 13th, 2016 admin No comments

    スマホ音楽で、ばんばんいろいろな音を楽しみたいという人たちも違法ダウンロードと言うものが何かということはしっかり自覚していただきたい。

    しかし、実際に違法ダウンロードは、悪いことと知ってはいるものの、まだまだ大勢の人たちが無言でしているのではないだろうか。問題は何かと言えば、そこにダウンロード出来る環境が存在しているからです。

    覚醒剤は悪です。覚醒剤で逮捕される有名人の方々もいらっしゃるようですが、理想は、覚醒剤のない世界を作ることではないでしょうか。国は、そっちの方向へしっかり向き合っていかなければならないと言うのに、それがなかなか不可能なので、買う人たちを責めたてたりします。それは、国がしっかり覚醒剤を管理出来ないゆえの弊害ではないだろうか。

    大きく覚醒剤まで飛躍してしまったものの、スマホ音楽ダウンロードも同じことなのです。インターネットで、身軽に音楽ダウンロード出来る環境があるのに、するなというのは、その命令も安易すぎ!

  • “スマホ充電の嘘、本当 “

    Posted on 5月 12th, 2016 admin No comments

    スマホ充電問題でいろいろと間違った情報を抱えている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。そんなの一生懸命やっていても、なんのスマホ充電・バッテリーの役にたってないということも多々あるかもしれません。

    充電はバッテリーの残量をゼロにしてからという噂は真実か。結構このような都市伝説に従っている人たちも多いようですが。確かに以前のバッテリーという場合、バッテリーは全然賢くありませんでしたし、我の満容の量を忘れてしまうから、フル充電ができなくなってしまうというのが当たり前でしたから、バッテリー容量が0になるまで完全に放電してから再充電するのは良しとされていました。

    しかし、そのような行為は、現在のスマートフォンには当てはまらないです。最近のスマートフォンで使用されているバッテリーと言えば、リチウムイオンバッテリーです。ニッケルカドミウム電池やニッケル水素電池とは違います。メモリー効果の影響は受けませんし、いちいち完全放電する必要はありません。

    http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/au/

  • “スマホ音楽 そしてカセット “

    Posted on 5月 6th, 2016 admin No comments

    スマホ音楽なんて、やっぱり一番新しいジャンルではないでしょうか。やっぱり人間って、そのような未来向きに依存して安心していたいという気持ちがどこかにあるのかもしれません。

    しかし、一方では、私達は過去に戻りたいというモチベーションで気持ちが落ち着くという場合もあります。今、家電量販店ではカセットが人気なのを知っているでしょうか。カセット時代を知らない人たちが、カセットを新しいと思い、そして、レコード、カセット時代を生きていた人たちが、再びカセットを聞きたいと、そのようなアイテムを購入するようですよ。

    確かに、音はと言えば、スマホ音楽の方がすばらしいのかもしれません。しかし、聞けば、カセットの音楽の方に、丸みを感じるのではないでしょうか。

    カセットの音楽には、素朴な感じもします。音楽とは、最先端を追求するものではなく、このような居心地の良さを求めるものと言っても全然おかしくはありません。音楽は、私達のストレスを解消するためのものであれば。

  • ZenFone Selfie:インカメラにも約1300万画素カメラ&デュアルLED搭載

    Posted on 4月 26th, 2016 admin No comments

    セルフィー(自分撮り)という名の通り、インカメラにもアウトカメラと同等の約1300万画素カメラ+レーザーオートフォーカスを搭載したモデルです。デュアルLEDフラッシュもアウトカメラとインカメラ両方に搭載されています。価格は3万円台前半と、5.5型フルHD(1080×1920ピクセル)モデルとしては低価格となっています。ハードウェアのセンサーキーを搭載しているので、他の5.5型モデルと比べてソフトキーを表示せずに済む分、より多くの情報を表示できます。プロセッサはQualcomm製のSnapdragon 615 MSM8939(1.5GHz/4コア+1.2GHz/4コア)を搭載。動画再生やSNSはもちろん、処理の軽いゲームも快適に遊べるのです。自分撮りも広角かつ高感度の約1300万画素カメラで撮れるところが大きなメリットとなります。暗い場所でも高速なレーザーオートフォーカスを搭載、さらにはピンクやアクアブルーなど明るいパステルカラーも用意しています。デメリット部分としては、重量170グラムと、同クラスの5.5型スマホと比べやや重たいところと、センサーキーが光らず、暗い場所ではやや見にくいところです。さらに、画面の最大輝度が高くなく、直射日光かでやや見づらいところでしょう。
     

  • “スマートフォン 格安への流れ イオン “

    Posted on 4月 17th, 2016 admin No comments

    スマートフォンが欲しい。でもスマートフォンは高い。

    お願い誰か助けてください。悲痛の声が聞こえて来ます。

    だから、多く民は、格安スマートフォンに飛びついてしまうのです。先行したイオンが大きな成功を収めたのも、主婦のみなさんが、イオンを信頼している結果ではないでしょうか。

    スマートフォンとは、庶民のためのものでなければならないのです。格安スマートフォンが、全然元気で、今度は、逆に格安スマートフォンに対抗すべく、キャリアが値下げ合戦に踏み切ると言うことはあるのでしょうか。

    疑問。

    とにかく私達は、格安スマートフォンなら半額以下という価格で購入出来てしまうのです。格安スマートフォン、それは、毎月の料金を格安で利用できるMVNOのSIMカードと、そして最新スマートフォンと比較をすればいささか性能を落とした感じの安価なスマホをセットにして販売するものです。

    主婦のみなさんに大人気のイオンは、日本通信のSIMカードとそして、LGエレクトロニクスの「Nexus 4」をセットにして、月額2980円で販売して大ヒットしました。

  • おススメのバッテリー節約設定はどれ

    Posted on 4月 14th, 2016 admin No comments

    バッテリーを節約する最も基本的な方法は、OSの設定変更である。代表的なものを紹介しましょう。Androidは、機種によって画面表示が異なる可能性があります。ここでは、グーグルの「Nexus 5」の例を示します。まず通信関連では、スマホがサポートしているWi-FiやBluetooth、NFC(近距離無線通信)といった通信手段のうち、使わないことが明らかなものはオフにするとよいです。他の端末にインターネット接続手段を提供する「テザリング」に関しても同様です。通話も通信も必要としないことが明らかであれば、機内モードに設定してしまう手もあるのです。使わないことが分かっている通信手段をオフにするのが一番ですね。画面表示に関しては、液晶の明るさを調整するのが手っ取り早いです。暗くするほど、バッテリー消費量は少なくなります。とはいえ、見えなくなるほど暗くしては意味がないので、自分にとって適度なところに調整しましょう。スリープに入る時間を短めに設定するのも有効ですね。ディスプレー画面の使い方は、バッテリーの消費を大きく左右します。自分にとって不要なアプリケーションの動作を減らすことが、バッテリーの節約になる場合もあります。実行しやすいのは、使っていないアプリケーションをアンインストールすることなのです。
     

  • 超狭額縁のスーパーミドルレンジスマホ――写真で解説する「Xperia XA」

    Posted on 4月 13th, 2016 admin No comments

    ソニーモバイルコミュニケーションズがMWC 2016で発表した「Xperia X」シリーズの中で、中価格帯を狙った「スーパーミドルレンジモデル」が「Xperia XA」です。日本での発売予定はありませんが、気になる人もいることでしょう。ソニーモバイルコミュニケーションズが「Mobile World Congress(MWC) 2016」に合わせて発表した「Xperia X」シリーズです。その中で、中価格帯で展開するモデルが「Xperia XA」なのです。Xperia XAは、「スーパーミドルレンジモデル(超中位モデル)」と位置付けられ、上位2機種と比較するとコストパフォーマンスを重視した仕様となっています。従来のXperiaでは「Xperia M」シリーズと似た位置づけです。従来のXperia Mシリーズと同様に、Xperia XAも日本では発売しない予定です。しかし、「日本メーカーが、日本で発売しないスマホ」に興味を持つ人も多いでしょう。Xperia XAを手にすると、まず額縁の狭さに驚くはずだ。上位機種の「Xperia X」「Xperia X Performance」も十分狭額縁なのですが、XAのそれはより狭く感じます。とある日本のMVNO(仮想移動体通信事業者)の幹部が物差しで額縁のサイズを計測していたのですが、そうしたい気持ちは十分に分かるのです。画面部には、上位機種と同様にXperiaスマホでは初となるカーブガラスを採用し、アルミニウムで作られた丸みを帯びた側面フレームも相まって柔らかい印象を受けます。
    スマホの電池を長持ちさせる方法 | Galaxy

  • BIGLOBE、1.6インチのAndroid搭載IoT端末「BL-01」

    Posted on 4月 9th, 2016 admin No comments

    BIGLOBEは、1.6インチの小型Android端末「BL-01」を、法人向けに提供開始しました。開発キットとして提供され、価格は3万5000円(税別、回線別)となります。同社は、「BL-01」によるソリューション開発のサポートも提供していくということです。「BL-01」は、小型の筐体に1.6インチのディスプレイや3G通信機能、マイク、スピーカー、GPS、3軸加速度センサーなどを搭載しています。OSはAndroid 4.4.2で、単体で小型のスマートフォンのように利用できます。また、センサーを生かしてIoT用のゲートウェイ端末として利用したり、腕時計型のアクセサリーと組み合わせたウェアラブル端末として活用することができます。開発キットは、専用クレードルが付属するとのことです。これによってAndroidの開発環境を利用したアプリを開発して動作させることができます。なお、Google PlayなどのGoogleが提供するサービスには非対応となっているとのことです。SIMカードは、「BIGLOBE LTE・3G」で法人向けに提供している料金プラン(3GBで700円~)が利用できます。また、M2M専用プランにも対応するとのことです。M2M専用プランでは、常に256kbpsに制限されているプランや、帯域契約のプランなどが提供されています。