How to make your post to appear right here?

If you want to list your posts here, you should go to you theme's options (Appereance => Theme Options) and put the category's id. Please note that if the category doesn't consist any posts, you'll be still seeing sample posts.

Sample photo Sample photo thumb

How to assign a picture to a featured post?

Select a post & click edit through your admin panel. Scroll down to the section named "Custom fields" then create a field named "picture" and the value should contain a path where you stored a picture. You may also create a custom field named "url" just in case you want to link your post elsewhere.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb

About this theme

Did you know that featured posts may contain up to 3 lines of text. This theme is built using CSS framework "Blueprint". The featured posts is based on "SmoothGallery" which is based on "MooTools" - a javascript framework.

Sample photo #2 Sample photo #2 thumb
  • バーチャルリアリティが楽しめるVRゴーグル「Yukiss」とは?

    Posted on 3月 17th, 2017 admin No comments

    迫力満点のバーチャルリアリティを楽しむにはVRゴーグルを使用すると良いです。
    安くて気軽に楽しむことができるからですが、そのVRゴーグルの中でも注目されているのが「Yukiss」というVRゴーグルです。
    このVRゴーグルは特殊なスーパークリアレンズを採用していますので、長時間使用しても目が疲れにくいですし「3D酔い」を大幅に軽減することができます。
    それに、散熱性に優れていますので蒸れや蒸気を防ぐことができます。
    ですので、快適にバーチャルリアリティを楽しむことができると思います。
    また、顔に密着する部分には低反発のPUクッションが採用されていますので痛くなることはありませんし、密着性に優れていますので光が漏れることもありません。
    ボディサイズは幅約198ミリ、高さ約110ミリ、奥行約135ミリ、重さ約310gになっていますので長時間使用しても疲れにくいと思います。
    スマホをセットするときはカバーを開けてクランプを引き上げ、そこにセットするだけで完了ですので誰でも簡単にセットできるでしょう。
    焦点距離と視界距離は上部にある2つの摘みで調節可能ですし、眼鏡をかけたままでも使用できるようになっています。
    こうしたVRゴーグルでワクワクドキドキするバーチャルリアリティを体験してみてはいかがでしょうか。

  • 手書きメモをスマホで確認できるデジタルメモ帳『Bamboo Spark』

    Posted on 3月 8th, 2017 admin No comments

    紙の手帳の用途で多いのはスケジュール管理とメモだいいます。スマホやタブレットでもGoogleカレンダーなどを使えば、スケジュール管理もできるし、手書きメモもできないわけではありません。機能的には紙の手帳をスマホで置き換えられなくもないようにも思えますが、やはり、紙に手書きする感覚と利便性は代えがたいものがあります。最近ではデジタルペンも進化していて、細い線でも手書きできるようにもなっているし、手書きでメモした内容をそのままスマホに転送してデジタル化できるペンもあります。また、手書きメモをデジカメで撮影転送してクラウドに送り、OCR化できるようなサービスもあります。それでも現時点では手書きのメモというのはなくなりそうもありません。多くのことがデジタル化される中、手書きメモというのはデジタルデバイスに対する「最後の砦」のように立ちはだかっているのです。Wacomは手書きのデジタル化に積極的に取り組んでいるメーカーですが、最近、紙に手書きした内容をデジタルデータ化し、転送できる『Bamboo Spark』というデバイスを発売しました。この製品の特徴は、付属のペンでメモ用紙にメモすれば、それをワンボタンでスマホに転送できるという手軽さです。これから大いに期待できるものといえるでしょう。
    ドコモのスマートフォンを買うならこちら

  • Android Wear 2.0搭載世界初!

    Posted on 3月 1st, 2017 admin No comments

    LGからAndroid wear 2.0を搭載したウェアラブル端末、「LG Watch Sport」と「LG Watch Style」がアメリカで発売されたそうです。ヨーロッパ、アジアでは今月末までには順次発売されていくとのこと。

    スマートウォッチなのですが、一番最初にスマートウォッチが発売されたころと全くその見た印象が違うんですよね。ホントにスマートな腕時計に仕上がっています。

    この端末の特長は何と言ってもAndroid Wear 2.0搭載であること。「Google アシスタント」で操作ができるし、コマーシャルでも見られる「OK Google」と話しかけると、メールなどで返信ができたりアラームを設定したりが可能となるそうです。

    LG Watch Sportの方は、「フル機能搭載の完全スタンドアロン型」なので、スマホが無くても通信できるとのこと。一方のLG Watch Style方は、「コンパクトでスリム」な、一般的なスマートウォッチになっているそうです。

  • スマホバッテリーの「EC Technology 」は超大容量

    Posted on 2月 18th, 2017 admin No comments

    スマホのバッテリーで最も重要視することはバッテリー容量ではないでしょうか。
    容量がないと持ち歩いていても不安になると思うからです。
    ですので、モバイルバッテリーは大容量が良いのですが、22,400mAhという超大容量バッテリーがあります。
    それは「EC Technology 」のバッテリーです。
    このスマホのバッテリーは超大容量に加え、3台同時にスマホやタブレットなどを充電することができますし、約4倍の速さで急速充電することもできるのです。
    また、便利なライトが付いていて、ソフトライト、ハードライト、SOSライトに切り替えることができますので防犯や災害などでも活躍してくれるでしょう。
    それに、インテリジェント電源管理ICが内蔵されていますので、過放電や過充電、加熱などの時でも自動停止するから安心して使用することができるでしょう。
    さらに表面素材には難燃性材料を使用していますので安心です。
    本体の重さは約462gありますので少し重く感じるかもしれませんが、バッグに入れていれば気になることはないと思います。
    使用回数は約500回となっていますので長く使えますね。
    このようなスマホのバッテリーには、ブラック・レッド、ブラック・ブルー、ブラック・ホワイトのカラーバリエーションがあります。スマホバッテリーの基本について知るならこちらをクリック

  • ジュニアスマホ第2弾「miraie f」、Playストアも対応

    Posted on 1月 31st, 2017 admin No comments

    京セラ製「miraie f」(ミライエ フォルテ)は、学齢期の子どもの利用を想定したジュニア向けのAndroidスマートフォンです。auの2017年春モデルとして、1月下旬以降に発売され、アプリやWebサイトなどの利用を制限する保護者向けの管理機能を備えています。価格と料金プランを見てみましょう。価格は3万2400円(税込、以下同)ですが、キャンペーンによって2万1600円で提供されます。キャンペーンの終了時期は未定で、毎月割は月額420円×36回(総額1万5120円)これらの割引を差し引いた実質負担額は6480円となります。料金プランはmiraieシリーズ専用の「ジュニアスマートフォンプラン」を利用でき、同プランは月額基本料3620円(税抜、2年契約の場合)。家族間通話やau宛の毎日1~21時の通話が無料となります。2GBのデータ通信容量が付属していて、そのほかのスマートフォン向け料金プランも利用可能です。なお、「ジュニアスマートフォンプラン」は、これまで月間0.5GBのデータ通信容量が付属していたのですが、「miraie f」の発売にあわせてデータ通信容量が月間2GBに改定されます。2015年1月発売の「miraie KYL23」の後継機種で、フィルタリング機能が強化されたほか、より簡単に設定できるように保護者向けメニューのユーザーインターフェースが改善されています。また、保護者のスマートフォンから、遠隔で設定できるようになったところが大きな特徴です。衝撃性能を高めている。濡れた手でも操作できるタッチパネルを搭載する。

  • Yahoo! JAPANが公開したサイト『狂怖の館』が怖過ぎる件

    Posted on 1月 27th, 2017 admin No comments

    先日Yahoo! JAPANが公開した『狂怖の館』というサイトをご存知でしょうか。今ネット上で「怖すぎてヤバい」と話題になっているそうですよ。この狂怖の館はスマホゲーム向け脱出ゲームとなっており、内容は館に閉じ込められている自分(プレーヤー)が不気味な住人から逃れながら館からの脱出を目指すというもの。最初サイトの警告文が出てくるのですが、そこには「グロテスクな表現や昆虫などの描写があります」と書かれており恐怖心をかなり煽られます。画面をスクロールさせながら館内を歩き回るほか、引き出しから出てきた虫をはらうためにスマートフォンを振ったり、不気味な住人に見つからないようにスマートフォンを傾けて木箱の裏に隠れたりするそう。スマートフォンを傾け過ぎると、住人と目が合ってしまいゲームオーバーになったりするんですよ。そんな狂怖の館ですが、実は1/26に発売される『バイオハザード7 レジデント イービル』とのコラボサイトなんですって。実際にバイオハザード7内に登場する館が狂怖の館の舞台なんですねー。サイトを制作したのは、様々なホラーコンテンツを手掛けてきた「株式会社闇」。ホラー好きには堪らないコンテンツばかりなので、まだ恐怖体験が足りないという方はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 知らないことばかりだけど^^

    Posted on 1月 19th, 2017 admin No comments

    わたし、まだポケモンGOで遊んでいるんですが、実際、ポケモンのことは何一つ知らずにやっているので、「金銀実装前に集めるべきポケモン」とか「金銀ポケモン実装間近!」とか言われても、全くわけがわからないのです。

    小学生低学年の甥っ子と一緒にスマホを並べて遊んだりもするのですが、その時、進化して名前が変わるポケモンを教えてもらったり・・。やっと名前を覚えてきたところで、どん!と集めるべき?ポケモンの数が増えましたよね。

    けど、いまだ出現するポケモンは同じものばかり。なので、集めるべきポケモンが金銀ポケモンということなのでしょうか??

    知らないことばかりだけど、毎日隙間時間で遊んじゃうんです。課金もせずにひたすら家の周辺、たま~のお出かけで集めるポケモンたち。結構集めた方だと自負しています^^

    このゲームってちょっとずつネタを小出しにしながら^^ユーザーを楽しませてくれるんで、周りが誰もやらなくなっても私は一人遊んでいそうな気がします。。

    www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-softbank.html

  • アプリで効果音も出せるスマホに装着して使う絵本プロジェクター

    Posted on 1月 11th, 2017 admin No comments

    クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、子どもの絵本読み聞かせなどに役立ちそうだと話題になっているモノがあります。それは『Moonlite』(ムーンライト)と呼ばれるスマートフォンに装着して使う絵本プロジェクター。スマートフォンのライト部分にこのプロジェクターを付ければ、絵本のフィルムを自宅の壁や天井などに投写できるんですよ。絵本の各ページはデジタル化され、フルHD画質で投写。しかも!専用アプリをダウンロードしておけば効果音なども再生可能なのだとか。これは子どもも喜ぶでしょうね!棒読みになっちゃう私は読み聞かせが苦手なので、こういったモノがあると助かります。子どもも飽きずに聞いてくれそうですよね。フィルム化されている絵本は、『みにくいアヒルの子』、『赤ずきん』、『ジャックと豆の木』、Moonliteオリジナルストーリーなど。作品の中に子どもの名前を入れるサービスもあるそう。素敵な読み聞かせになりそうですね。対応端末は、「iPhone 6以降のiPhone」及び「Galaxy S6・S7」です。このプロジェクトの支援額とリワードは、「35ドルで本体1個+フィルム2作品」「65ドルで本体1個+フィルム7作品」など。日本にも配送可能で、いずれも4月の配送予定となっています。とても良いアイディアで驚きました。ぜひ世界中で正式にリリースして欲しいです。

  • iPhone 7 Plusのデュアルカメラに対応したカメラアプリ

    Posted on 12月 29th, 2016 admin No comments

    iPhone 7 Plusといえば、広角カメラと望遠カメラ2つを搭載する「デュアルカメラ」が特徴ですよね。望遠カメラは、広角カメラに比べて暗所に弱いため、望遠カメラを使いたい場合でも暗い場所では広角カメラのデジタルズームになってしまいます。そんな時に利用したいのがサードパーティ製のカメラアプリです。例えば『ProCamera』(600円)というアプリは、 設定画面で使うカメラを選べるんですよ。カメラの選択ボタンは、設定画面の下部に出ており、標準では“Dual”(広角カメラと望遠カメラが自動的に切り替わる純正カメラアプリと同じモード)になっています。使うカメラをどちらかに固定したい場合は、Dualの左右にある“Wide(広角カメラ)”と“Tele(望遠カメラ)”のボタンをタップするだけ。600円とちょっとお高いですが、ProCameraには他のカメラアプリにはない良さがあるので使ってみて損はないアプリだと思います。設定画面で切り替えするのは面倒臭い…という方にはその場で広角と望遠を切り替えられるアプリ『ProCam 4』(600円)がオススメですよ。RAWデータ撮影やHDR機能などにも対応しているので、なかなか優秀だと思います。デュアルカメラを自在に操って、プロのように凝った写真を撮影してみましょう。

  • エモパーがより賢く

    Posted on 12月 5th, 2016 admin No comments

    auから新機種が今月18日に発売されましたね。機種名は「AQUOS U SHV37」。シャープ製のスマホです。

    シャープ製ということで、IGZO液晶ディスプレイは勿論、エモパーも搭載されています。バッテリーは2700mAh。省エネのIGZOディスプレイということで、電池の持ちも長くなっているそうです。もし電池の残量が少なくなったら省電力機能の「長エネスイッチ」にすることでさらに電池持ちが良くなるとのこと。ちょっと機能が制限されたり動作が遅くなるそうですが、緊急の場合にはそれもアリですよね。

    そして今回のAQUOSの特長は、何と言ってもより賢くなったエモパーとのこと。ユーザーの生活のパターンを学習し、眠りにつく時間になると自動でリラックスオートというブルーライトを抑えた画質になるんだそうです。

    また、健康へのアドバイスもしてくれるとか。毎日の歩数、体重を管理してくれ、そこからユーザーに合ったアドバイスをしてくれるそうですよ^^